メニュー

銀行系のカードローンで即日キャッシングをするメリット

即日キャッシングを条件に金融会社を探すと、実にたくさんの金融商品を見つける事ができます。また一つの金融会社に複数のお得なプランが用意されていますから、利用者の方は選ぶにも迷ってしまうかもしれません。そこでお得な即日キャッシングに絞って利用したい方は、まず大手銀行系のカードローンを探して見ることをおすすめします。その理由は安全性と低金利、そして融資額の大きさになります。一般的にノンバンク系の即日キャッシングの金利は、融資額が10万円前後で年利17%あたりに設定されます。ですが、大手銀行系では年利10%あたりから選ぶ事も可能です。返済ではこの差が大きく利いてきます。

例えば、おまとめローンとして300万円のキャッシングをしたとしましょう。まず、この時点で銀行系の優位が見られます。消費者金融やクレジットカードでは総量規制の年収3分の1を超えてしまうために、ここまでのキャッシングはほとんど無理でしょう。また安心して多額の借金ができるのはやはり銀行系という事もあります。また仮にノンバンクでもこのレベルの借金ができる年収の方でも、年利で5%も差がでるとしたらどうなるでしょう。単純計算で利息分が年間15万円も違ってしまうのです。もし2年間・3年間を掛けて返済をするならば、20万円や30万円の違いが出るレベルです。確かに、即日キャッシングを申し込む方は少額融資の一括返済が多く、金利差を気にしない傾向もあります。ですが、必ずしも一括で返せるとは限りません。もし延長をする場合は、この利息差が効いてくるのです。

また近年では、リボ払いを利用する方がたいへん増えています。この場合に年利1%~2%の差が大問題になるのです。リボ払い制のキャッシングの場合は、つい限度額レベルまで借金を膨らませる傾向が見られます。その理由は返済額が定額になっているからです。数十万円レベルであれば月の返済額は1~2万円ぐらいのものです。ですがちゃんと利息計算をしておかないと、いつまでたっても返済が終わらない事態もあるのでご注意ください。例えば50万円の残高で月2万円の返済をするとしましょう。年利15%ならば、月利は1.25%です。つまり月毎に6250円の利息を払う事になりますから、元金の返済額は13,750円です。こんな感じで返済していくと、完済するまでに何年掛かるでしょうか。そして返済しながらまたキャッシングを重ねていくなら、永遠に終わらない事もあるのです。そういった面からすると、少しでも金利の低い銀行系のカードローンを利用する事が大事だと言えるのです。