メニュー

ブラックOKの即日キャッシングには要注意

『ブラックOKの消費者金融』で即日キャッシングを行っている業者がいます。最近では、中小の消費者金融で無審査の即日キャッシング・サービスが行われています。これは2010年度の貸金業法改正で顧客離れが進んだ事と近年の銀行系カードローンの活躍が影響していて、それまでは街金としてある程度のリピーターを確保してきた中小の消費者金融が、貸金業界全体の低迷を受けて営業業績が悪化し、苦肉の策としてブラックOKの無審査キャッシングを提供し始めたという事なのです。

確かに、ここ数年で不況から脱する傾向が見られますが、それでも明日のお金に貧窮して消費者金融へ駆け込む姿は少なくありません。また消費者金融からも融資が得られない方は、審査の無い中小の消費者金融へと流れていくのが現状ですので要注意です。審査がない即日キャッシングの利用者には、無職の方はもちろん自己破産者などの債務整理後の方も多く含まれています。これらの方は一般のキャッシングが利用できないので、金利の高い安いに拘わりなく利用する事でしょう。ですが、貸金業法が定める利息制限というものがあります。無審査キャッシングの中には、この金利法を超える違法金利での貸し出しも行われています。これらはネット上の口コミなどをご覧になると分かりますが、甘い言葉に誘われて、借りた後で泥沼にのめり込んでしまった事例が報告されています。

そこで、安全か悪質かを判断するポイントは、やはり金利のあり方だと言えるでしょう。特に契約書に書かれている金利の掛かり方、つまり返済期限や返済期日には要注意です。契約書は何度も読み直しをする様におすすめします。基本は100万円未満の借金に、年利18%を超える金利を付ける事が出来ないという事です。よく月何%とか10日で何%とやっているところもありますが、必ず年利換算で計算し直しましょう。計算は簡単です。提示の利息率を返済期間の日数で割り算をして、それに360日を掛けるだけです。その数字が利息制限法を超えるものなら違法ですので、決して契約をしてはいけません。もちろん違法金利の契約に支払い義務はありませんが、相手は暴力団なので追い込まれて酷い目に合されるでしょう。この場合、基本的に警察は積極的な対応はしてくれません。傷害事件などになって初めて動きます。自分の身を守るには、実績のある消費者センターか専門の法律家に相談するしかない事も覚えておきましょう。また払ってしまった場合は過払い金返金請求を必ず行ってください。