メニュー

即日キャッシングのクレジットカードにおける利用制限

即日キャッシングと言えば、昔からクレジットカードの最大のメリットだと言えます。既に30年ほど前からショッピング枠の他にキャッシング枠が設定されていて、提携のATMから自由にお金を借りる事が出来たのです。このシステムは後に消費者金融に受け継がれ、そして現在では銀行のカードローンでも採用しているシステムです。そこでクレジットカードによる即日キャッシングのメリット・デメリットをしっかりと理解しておくのは大事でしょう。

まず、キャッシング枠に関しては大まかな相場があります。基本は50万円以下を利用制限がなされます。既にカードを利用している方はご存知でしょうが、その枠はいくつかのコース設定があって、ご自分で選択する事が出来るのです。こうして得た利用制限枠内で、自由なキャッシングが行えるのは実に便利です。また返済も翌月の一括払いや回数指定の分割も可能ですし、リボ払いにする事もできます。もちろんリボ払いや分割払いでも、利用者の都合で一括払いに変更もできるので変幻自在なキャッシングなのです。このメリットは他のキャッシング・カードローンでも採用していますから、もはやノーマルサービスと言えるでしょう。

この様にクレジットカードは便利なキャッシング方法なのですが、是非気を付けていただきたい点があります。今では多くの方が複数のカードを持っています。それで実際に利用をしていないカードもあるでしょう。ですが持っているだけで、そのキャッシング枠は総量規制にカウントされるのです。手持ちのカードのキャッシング枠が年収の3分の1を超えていれば、新たなカードでキャッシング設定はできません(ショッピング枠のみ有効)。また借金総額が利用制限額を超えるキャッシングはできませんので、枠内に余裕がある場合でもサービスが制限されます。そこで使っていないクレジットカードに関しては、取り敢えずキャッシング枠を無効にする手続きをしておく様におすすめします。

ですが、銀行が直接発行しているクレジットカードに関しては、キャッシング枠が銀行法に従っていますので、この総量規制は適用されません。ここが信販会社と提携しているカードとは異なる点です。もし気になる方は、ご自分の持っているクレジットカードの発行元を確認してみて下さい。信販会社の名前が載っていないクレジットカードならば、貸金業者から総量規制いっぱいの借金をしていても、問題なく利用枠いっぱいまでの利用ができます。