メニュー

さすがに無審査の即日キャッシングには要注意です!

即日キャッシングがあちこちで提供されていますが、気を付けてほしい事があります。最近ネットや雑誌などで無審査による即日キャッシング・サービスが紹介されています。ですが、安易に手を出すのはどうでしょうか。基本的に融資は本人確認と、その方の返済能力について調べるのがセオリーです。審査をしないという事は何か裏があると言えるかもしれません。一般の方はお金を借りる行為自体に後ろめたさがあり、審査を受ける事に抵抗を感じるものです。また審査に対する不安もあって、できれば受けたくないという心理が働きます。そういった意味もあって、審査は年々簡略化される傾向にあるのです。特にWEB審査であれば顔を合わせる事も直接話をする必要のありません。そして数分間で結果が出るのですから精神的なプレッシャーはかなり軽減されるのです。その様な流れの中で、無審査による即日キャッシングまでが出てきたのです。

これはインターネットの普及が影響していますが、WEB完結とはちょっと感じが違う事に気が付くべきでしょう。なぜなら数分で済んでしまうWEB審査でも、最低限の個人情報を参照して判断をしているからです。無審査でお金を貸すというのはとてもリスキーな行為です。もし名前や住所を偽っていたらどうなるでしょう。名義が違う契約書を作成してもそれは無効で、貸金業者は不良債権を抱える羽目になってしまいます。また収入が不十分で返済不能になるかもしれません。この様なリスクを背負ってまでお金を貸すメリットがどこにあるのでしょうか。

ここで、無審査キャッシングの内容をもう少し詳しくチェックしてみましょう。このキャッシングを提供している業者の共通事項は、必ず本人の連絡先だけ確保している事です。つまり、お金を貸した相手は逃がさないだけの担保は取っています。これは当然の行為です。そしてリスクヘッジに効率な利息をあてがっています。よくあるのが10日で1割の複利です。これですとほんの2,3ヵ月で返済金額が倍増します。貸金業法が定める利息制限は10万円以上100万円未満で年利18%までですから、これを超えるキャッシングは違法になります。もし違法金利で契約をした場合、罰せられるのは貸金業者ですので、利用者の方は被害者として返済を拒否できる事を知っておいてください。もし払ってしまっても過払い金返金請求で取り返せますので諦める事の無い様にしましょう。この様に無審査キャッシングは要注意だという事なのです。