メニュー

まず即日キャッシングの借入条件を確認しましょう

即日キャッシングを申し込む前に確認しておきたいのが、各金融機関が定める借入条件です。一般的に銀行系は審査が厳しいといわれていますので、特に大口の融資を希望する方は申し込み条件に関して十分なチェックが必要なのです。では、各キャッシングサービスで設定されている借入条件をチェックすると、まず消費者金融では、窓口や無人契約機、WEBからでさえも同様の審査が行われます。とは言っても、近年の消費者金融は無担保・保証人不要が普通なので、取り立てた資格があるわけではありません。パート・アルバイトの方でも安定収入さえあれば、基本的にキャッシングができます。年齢に関しても20歳以上65歳未満との設定が一般的で、専業主婦・学生や年金生活者の様に無職の人を除いては、基本的にアルバイトなどの低収入の方でも申し込みができます。

この無職の方が利用不可能な理由は、貸金業法の定める総量規制があるからです。貸出総額を年収の3分の1以下と制限を掛けていますので、パートの方でもキャッシングが可能な反面、無収入では利用制限枠が発生しないために利用不可となるのです。これはクレジットカードのキャッシング枠でも同様の事が言えます。もちろん学生さんでも専業主婦の方でもクレジットカードは作れますが、収入が無い方はキャッシング枠が利用できません。最近はこのショッピング枠を使ったキャッシングが話題になっていますが、これは利用規約に抵触し、犯罪性が懸念されているために行うべきではないでしょう。

そこで、無職の方が即日キャッシングを望む場合は銀行系のサービスを探すと良いでしょう。専業主婦の方でも配偶者の証人で、配偶者の年収ベースでのキャッシングが可能になります。また学生の方も同様で、親権者の証人で利用ができますし、年金受給者にもキャシングサービスを提供している銀行があります。これは銀行が貸金業法の適用を受けないという理由があります。ですから、銀行の審査基準に応じていればキャッシングサービスが提供されるのです。ただし銀行系のキャッシングは、収入に関する審査基準がキッチリとしています。在職確認や収入証明などを行うのが一般的です。

この様にノンバンク・銀行系の即日キャッシンの借入条件は様々ですが、肝心な点がひとつあります。これまでの融資履歴でいわゆる金融事故の記録がない事がキャッシングの条件になっています。つまり過去において返済不能などによる強制解約・債務整理を受けた経験や、返済遅延を起こした経験などが信用情報機関にて登録されるのです。これは1年から5年間は抹消されませんので、その間はキャッシングができない事になります。