メニュー

即日キャッシングが受けられる方と利用できない方

突然に、数万円台の借金が必要になるケースは起こり得る事です。例えば冠婚葬祭への出席が重なってしまい、手持ちの資金が不足してしまう場合がそうです。またちょっと付き合いの外食や飲み会が増えてしまい、給料日までの生活費が不足した場合もそうでしょう。この様な場面で、すぐに家族や親戚からお金を借りられれば問題がありません。ですが核家族が進行して、例え血のつながりがある関係でも、お金の貸し借りはNGという方は少なくありません。そうなれば、やはり金融機関のキャッシングを頼るほかがありません。ひと昔前であれば、消費者金融・サラ金からお金を借りるのは負い目とされてきました。金利も高く取り立ても厳しいために、借りた本人だけでなく家族や親せきまでも迷惑が掛かったからです。しかし現在では法整備も整い、どなたでも安定収入があれば少額融資を簡単に利用できる時代になっています。

そこで、お急ぎの場合は即日キャッシングが有効です。ネットからの申し込みをする事で、他人へ後ろめたい思いを感じることなくキャッシングができます。気になる審査でも便宜が図られています。最近では収入の少ないアルバイトやパートの方でも申し込めるキャッシングサービスが増えているのです。例え専業主婦でもご主人の収入を担保にキャッシングが可能になりました。中には年金生活者に対しても融資を提供している金融機関もありますので、実に多くの方がキャッシング申請の審査に通っているのです。

ですが審査に通らずに、即日キャッシングが出来ない方もいます。まず、無職の方です。基本的に安定収入が無い方は審査に通りません。2010年度の貸金業法の改正によって総量規制が制定されています。これは年収の3分の1を超える金額を融資してはいけないという条項です。このために無職の人にはキャッシングができません。ただし、先ほどの専業主婦は、総量規制が適応されない銀行系のキャッシングで可能なのです。

また過去において信用情報に傷がついている方もキャッシングが利用できません。これは過去の借金返済において債務整理を受けたり長期遅延を行うなどして、いわゆるブラックの状態になっている方が対象になります。金融機関は不良債権化する可能性がある人には融資をしてくれません。特に即日キャッシングの様に審査時間が短いケースでは、リスクヘッジを強めるために敢えて融資を認める事は無いでしょう。これら金融事故の記録は1年~5年ほど消えませんので、その間のキャッシングは不可能です。また手持ちのクレジットカードやカードローンも利用停止になるでしょう。もちろん記録の抹消後はまたキャッシングが受けられます。