今日お金借りたい

【至急】今日お金借りたい!即日今日中に今すぐお金借りる方法

こちらのサイトでは、今日中にお金を借りたい方向けに以下の内容について解説しています。

 

・【最短1時間】今すぐお金を借りる方法
・今日中に借りられるおすすめカードローン

 

結論としては、プロミスまたはアコムでネットから申込んで借りるのがオススメです。

 

最短1時間でお金が借りられる上、初回利用なら30日間無利息で利用できます。しかも、大手銀行系の企業なので安心して借りられます。

 

時間をムダにせず最短でお金を借りるためには、簡易審査を受けて借入可能かどうかをまず真っ先に試してみて下さい。(簡単な項目を入力すれば数秒ほどで結果が判明します。)

 

今すぐプロミスの簡易審査を受けてみる>>

 

・・・詳細は記事内容をご覧ください!

 

【最短1時間】すぐに借りれるおすすめカードローンを今すぐ確認>>

 

今日お金を借りたいならアコムかプロミスがオススメ!

アコム

三菱UFJフィナンシャル・グループのアコムは、歴史が長くいわば「老舗」とも言える消費者金融です。「はじめてのアコム」キャッチコピーが示す通り初めてお金を借りる方が安心して利用できる人気カードローンです。初めてのご利用なら30日間無利息でお金が借りられます。

詳細はこちら≫

プロミス

SMBCグループのプロミスの『WEB完結』なら、借入れまでの一連の手続きを全てネット上で完結できます。審査スピードにも力を入れており、借入までにかかる時間も短いので急ぎでお金が必要な方によく利用されています。初回利用なら30日間無利息(※1)でお金が借りられます。

詳細はこちら≫

(※1)メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。

【今すぐ借りれる】ユーザーおすすめランキング

カードレス

★プロミスの基本情報
実質年率 4.5%〜17.8%
限度額 1〜500万円
審査時間 最短30分
運営会社 SMBCグループ
SMBCコンシューマーファイナンス株式会社
プロミスのWEB完結では借入までの手続きをネット上で完結することが可能です。ネット上で完結といっても、手続きをすすめる途中で不安な点や不明な点があれば電話でオペレータースタッフに親切に教えてもらえるので安心して申し込めます。女性オペレーターが対応するプロミスレディースも性別関係なく人気です。

↓※女性・男性どちらでも利用OKです↓
プロミスレディースの詳細を確認する>>

\今すぐ借りるならプロミス!30日間無利息♪/

最短即日

★アコムの基本情報
実質年率 3.0%〜18.0%
限度額 1〜800万円
審査時間 最短30分
運営会社 三菱UFJフィナンシャル・グループ
アコム株式会社
アコムは大手銀行系金融グループである三菱UFJフィナンシャル・グループの一員です。大手が後ろにいるという安心感があるので『はじめてのアコム』のフレーズ通りに、初めての方でも安心して利用できるおすすめカードローンです。
\30日間利息ゼロ円♪最短60分で借入OK!/

LPバナー 200x200

★新生フィナンシャル レイクALSAの基本情報
実質年率 4.5%〜18.0%
限度額 500万円
審査時間 お申込後、最短15秒で審査結果が表示
運営会社 新生フィナンシャル株式会社
21時(※日曜日は18時)までにすべての契約手続きが完了(※審査・必要書類の確認含む)すれば、申し込んだその日のうちに銀行振込みにより融資を受けることが可能です。 ※一部金融機関・メンテナンス時間等は除く。
\Webからの申し込みなら最短60分でご融資可能!/

LPバナー 200x200

★SMBCモビットの基本情報
実質年率 3.0%〜18.0%
限度額 800万円
審査時間 10秒簡易審査
運営会社 SMBCグループ
SMBCモビット
※申込みをした曜日や時間帯により、翌日以降の取扱いになることがあります。

\30代以上によく利用されています/

 

今日中にお金を借りるならプロミス・アコムがオススメな理由

今日中の即日融資でお金を借りるなら、プロミスアコムがオススメです。

 

この2つをオススメするのは以下の特徴を持っているからです。

 

  1. 即日融資に積極的で最短1時間で借りられる
  2. ネットからの簡単な手続きで申込みができる
  3. 初回利用なら一定期間無利息で借りられる
  4. 大手都市銀行の系列企業なので安心(プロミスはSMBC、アコムは三菱UFJ)
  5. 審査の厳しい銀行に比べて柔軟に対応してくれる
  6. 保証人も担保も必要ない
  7. 借りたお金の使い道が制限されていない

1.即日融資に積極的で最短1時間で借りられる

プロミスアコムは、即日融資に積極的なので申込み完了から最短1時間で借りることができます。

 

どちらも借入までのスピードを売りにしているので、審査もスムーズです。急ぎで借りたい方にまさにピッタリなのです。

 

お金の借り方にも色々とあると思いますが、これだけスピーディーなお金の借り方は他にはあまり見当たりません。(※たとえば銀行カードローンは、審査が厳しい上最短でも数日程度は借入までにかかります。)

 

2.ネットからの簡単な手続きで申込みができる

今の時代、ネットからの簡単な手続きで借入の申込み手続きができることは大切です。

 

プロミスアコムもネット申込みに対応しているので、スマホやパソコンから簡単な手続きでお金を借りることができます。

 

3.初回利用なら一定期間無利息で借りられる

プロミスアコムも初回利用者を対象として、一定期間無利息でお金が借りられるサービスを実施しています。

 

両社の無利息サービス実施状況は以下の通りです。

プロミス

初回利用者は初回借入日の翌日から30日間無利息

 

アコム

初回利用者は契約日の翌日から30日間無利息

以上のように、両社ともに無利息期間は30日間と同じですが、実は無利息期間の開始日の考え方が異なります。

 

初回借入日の翌日が無利息期間の開始日となっているプロミスのほうが、契約から実際の借入までに日数があいてしまうようなときを考えると有利です。

 

プロミスを利用したことがないならプロミスがオススメ!

1.既にプロミスを利用したことがある方

プロミスで借りるのがオススメ

 

2.まだプロミスを利用したことがない方

アコムで借りるのがオススメ

 

4.大手都市銀行の系列企業なので安心(プロミスはSMBC、アコムは三菱UFJ)

いくら急ぎで借りたいからといって焦りは禁物です。焦って、よく素性の知れない変なところからお金を借りてしまうと、後々大きなトラブルに発展することも考えられるからです。

 

急ぎのときは多くの人が利用していて大手の運営する有名なサービスを利用して借りるのが安心です。

 

その点、プロミス(SMBCグループ)やアコム(三菱UFJフィナンシャル・グループ)は大手都市銀行系の金融グループ企業なので信頼度抜群で安心・安全にお金が借りられます。

 

5.審査の厳しい銀行に比べて柔軟に対応してくれる

お金を借りる時、まともな借入先なら審査が行われます。審査に通過しないことには、お金を借りることはできません。

 

多くの人がお金を借りる時の信頼できる金融機関としてイメージするのは銀行だと思います。銀行にもカードローンがありますが、銀行カードローンは審査が非常に厳しい傾向にあり、一般的には年収500万円程度以上はないと審査通過は難しいと言われています。

 

それに引き換え、プロミスアコムは、様々な借入ニーズに比較的柔軟に対応してくれる傾向があります。

 

もちろん借入希望額にもよりますが、毎月の月収が数万円以上あれば審査通過してお金が借りられる見込みもあり、以下のような職業の方も借入できる可能性がもあります。

 

・アルバイトをしている大学生
・パート勤務の主婦
・契約社員や派遣社員

 

このことは、実際にプロミス公式サイトでも以下の通り記載されています。

Q アルバイトやパート・派遣社員でも契約できますか?

 

A アルバイト・パート・派遣社員・契約社員の方も、現在お仕事をされていらっしゃる方は主婦、学生でも、ご審査のうえご契約いただけます。

 

出典:プロミス公式サイト

 

6.保証人も担保も必要ない

お金を借りる方法のなかには、本人が返済できなくなったときに備えて、保証人や担保を求めるものがあります。

 

なかでも特に、本人が返済できなくなったときに本人の代わりに借金の肩代わりとして返済を行う保証人は、非常に責任の重い役割なのでそうそう簡単に見つかりません。

 

今日中にさくっとお金を借りたいという時に、保証人探しに時間を使っていては、すぐに借りられるものも借りられません。

 

その点、プロミスアコムなら、保証人も担保も不要なのですぐに借りられます。

 

7.借りたお金の使い道が制限されていない

お金を借りるときに、色々と条件がついていては条件があわないことがあったりしてすぐに借りることができません。

 

お金を借りる方法の中には、借りたお金の使い道が制限されているものがあります。たとえば、銀行の目的別ローン(自動車ローン、トラベルローン、ブライダルローンなど)がそうです。

 

その点、プロミスアコムなら、原則として借りたお金は何に使ってもいいのですぐに借りるのにぴったりです。

 

今日お金を借りたいならアコムかプロミスがオススメ!

アコム

三菱UFJフィナンシャル・グループのアコムは、歴史が長くいわば「老舗」とも言える消費者金融です。「はじめてのアコム」キャッチコピーが示す通り初めてお金を借りる方が安心して利用できる人気カードローンです。初めてのご利用なら30日間無利息でお金が借りられます。

詳細はこちら≫

プロミス

SMBCグループのプロミスの『WEB完結』なら、借入れまでの一連の手続きを全てネット上で完結できます。審査スピードにも力を入れており、借入までにかかる時間も短いので急ぎでお金が必要な方によく利用されています。初回利用なら30日間無利息(※1)でお金が借りられます。

詳細はこちら≫

(※1)メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。

 

ぜひ知っておきたいカードローンの基礎知識

ここからは、初めてカードローンでお金を借りるという方向けに、ぜひ知っておいていただきたいカードローンの基礎知識として下記内容について紹介していきます。

  1. 申し込みするための資格・条件
  2. 申込みに必要となる種類
  3. 審査項目と審査の流れ
  4. 在籍確認の流れ
  5. 収入と借入できる金額(※総量規制)
  6. 利息を自分で計算する方法
  7. 各社での返済の仕方
  8. 返済シュミレーション(※返済額と利息)

1.申し込みするための資格・条件

カードローンに申し込むためには、以下の2つの条件を両方とも満たす必要があります。

・20歳以上であること
・安定した収入があること

20歳以上であること

お金の貸し借りは法律上の「契約行為」に該当します。そして、契約者が未成年の場合、後から契約を取り消すことができてしまいます。

 

しかしながら、カードローン会社からしたら後から契約を取り消されてしまっては、安定して事業を運営することができません。そこで、多くのカードローン会社でははじめから20歳以上であることを申込みの要件にしているのです。

 

安定した収入があること

借りたお金は返済していくことになりますが、カードローン会社はきちんと利息と元本をあわせて返済してもらわないと経営が成り立ちません。もしも、返済できない人がいると大打撃を被ることになるのです。

 

そこで、カードローン会社は本人の返済能力について調べて、貸付可能かどうか審査をします。さらに、本人の返済能力を担保する意味で安定した収入があることという要件が求められているのです。

 

なお、安定した収入というのは毎月1回以上の定期的な収入があることです。

 

大手消費者金融カードローンの場合、借入希望額にもよりますが、そこまで大きな収入である必要はなく、月収数万円程度でも審査通過してお金が借りられる見込みがあります。

 

プロミスアコムでは、

 

・アルバイト収入のある大学生
・パート勤めの主婦
・契約社員や派遣社員

 

でも審査通過してお金が借りられる可能性があるのです。(※このことはプロミス公式サイトのQ&Aにも明記されています。)

 

2.申し込みに必要となる種類

カードローンの申込みに必要なのは以下の2種類の書類です。

1.本人確認書類(運転免許証など)
2.収入証明書(給与明細書など)

このうち、

 

2.収入証明書(給与明細書など)

 

は、以下のいずれかに該当する場合のみ必要です。

 

・借入希望額が50万円を超える
・借入希望額と他社借入額との合計が100万円を超える

 

ということは、これらに該当しない場合は、原則として運転免許証などの収入証明書類さえあれば申し込むことができます。

1.本人確認書類(運転免許証など)

本人確認書類として使えるのは以下の書類です。
(※以下はプロミスの例ですが、業者によって多少異なる場合があります。)

  • 運転免許証
  • パスポート
  • 健康保険証 + 住民票

 

2.収入証明書(給与明細書など)

収入証明書として使えるのは以下の書類です。
(※以下はプロミスの例ですが、業者によって多少異なる場合があります。)

  • 源泉徴収票(最新のもの)
  • 確定申告書(最新のもの)
  • 給与明細書(直近2ヶ月+1年分の賞与明細書)

※賞与がない方は直近2ヶ月の給与明細書

 

3.審査項目と審査の流れ

カードローンに申し込むと、貸付可能かどうか審査が行われます。審査は、「きちんと借りたお金を返済してくれる人かどうか」という観点から行われます。

 

審査の対象となるのは主に以下のような項目です。

  • 年齢
  • 収入
  • 勤務先
  • 勤続年数
  • 雇用形態
  • 居住形態
  • 他社での借入状況
  • 過去の延滞や滞納の有無

申込み時の記載内容はもちろんのこと、個人信用情報機関に蓄積された個人データも参考にします。

 

個人信用情報機関とは?
個人信用情報機関とは、各カード会社やローン会社が加盟する期間で、個人の過去のクレジットカードやローンの利用情報データが蓄積されています。ローン会社の審査においては、個人信用情報機関に照会をかけることにより、個人の返済能力を正確に把握するとともに迅速な審査に役立てられています。

 

4.在籍確認の流れ

カードローンの審査の過程では、申込時に記載した勤務先に確かに勤めているかどうかを確認するために、「在籍確認」と呼ばれる手続きが行われます。

 

在籍確認は通常、申込時に記載した勤務先電話番号に電話をかけて本人を呼び出すことによって行われます。

 

在籍確認電話の内容

在籍確認電話は、おおよそ以下のような感じで勤務先にかかってきます。

大手消費者金融カードローンの在籍確認電話(プロミス、アコムなど)

プロミスアコムなどの大手消費者金融ではこんな感じで電話してきます。

ヤマモト(カードローン会社担当者の個人名)と申しますが、○○さんはいらっしゃいますか?

このように、借入を同僚など周囲に知られたくない利用者の気持ちに配慮して、借入がバレにくいように担当者個人名を名乗って電話してきます。

 

銀行カードローンの在籍確認電話

銀行カードローンでは以下のような感じで電話してきます。

××銀行の融資担当をしているヤマモトと申しますが、○○さんはいらっしゃいますか?

消費者金融とは異なり、銀行はおかまいなしに銀行名や融資担当者であることを名乗りますので、他の同僚が電話を取った場合、高確率で借入がバレてしまいます。

 

以上のように、プロミスアコムなどの大手消費者金融ではプライバシー意識が高いので、在籍確認の電話で借入が周囲の同僚や会社にバレてしまう可能性は低いです。

 

もしも、同僚の方に「今の電話って何だったの?」と聞かれたら「クレジットカードの在籍確認だった」とでも言っておけばそれ以上は詮索されることもないでしょう。

勤務先に在籍確認の電話を回避する方法

普段、職場に電話がかかることがない方や確実にバレたくない方は、勤務先に在籍確認の電話をかけて欲しくないと思います。

 

そんな方にオススメしたいのが、SMBCモビットのWEB完結です。

 

・勤務先への在籍確認の電話なし(※代わりに書類で確認)
・自宅への郵送物なし

 

でお金が借りられるので、会社や同僚はもちろん家族にも誰にも借金のことを知られたくない方にオススメです。

 

SMBCモビットのWEB完結の詳細を見てみる>>

 

5.収入と借入できる金額(※総量規制)

基本的に収入が多いほど、借入出来る金額は高くなる傾向にあります。なぜなら、収入が多い人ほど返済能力が高いと見られるからです。

 

それに加えて、貸金業法の規制を受ける消費者金融カードローンの場合、「総量規制」のルールが関係してきます。

 

総量規制というのは、債務者保護を目的とした「各貸金業者合計で個人の年収の3分の1の範囲内で貸付が可能」という貸金業法上のルールのことです。

 

総量規制があるために、たとえば年収150万円の人はいくら多くても50万円が借りられるお金の限度額と言うことになります。

 

ただし、いきなり年収の3分の1まで借りられるわけではありません。まだ利用実績のない初めての利用者の場合、特に業者側も慎重になりますので、年収にかかわらず10万円〜50万円の限度額とされることが多いようです。

 

6.利息を自分で計算する方法

お金を借りるとき、気になるのはかかる利息の金額だと思います。そこで、ここでは利息を自分で計算することができる計算式を紹介します。

利息金額 = 借入額 × 利率 ÷ 365 × 借入日数

 

7.各社での返済の仕方

各カードローン業者では、利便性の高い様々な返済方法を用意しています。ここでは、参考としてプロミスアコムの返済方法を紹介しています。

 

プロミスの返済方法
  1. インターネット返済
  2. 口フリ(口座振替)
  3. お客様サービスプラザ(店頭窓口)
  4. プロミスATM
  5. コンビ二(マルチメディア端末)
  6. 提携ATM
  7. 銀行振込

 

アコムの返済方法
  1. インターネット返済
  2. 口座振替(自動引き落とし)
  3. 店頭窓口
  4. アコムATM
  5. 提携ATM
  6. 銀行振込

 

8.返済シュミレーション(※返済額と利息)

ここでは、利息と返済額についてイメージしていただきやすいように、シュミレーションをしてみます。例として、で5万円を借りて半年(6ヶ月、6回)で返済する場合を紹介します。

 

【シュミレーション】プロミスで借りた5万円を半年で返済

単位:円

回数 返済額 元金 利息 残高
1 8,771 8,030 741 41,970
2 8,771 8,149 622 33,821
3 8,771 8,270 501 25,551
4 8,771 8,392 379 17,159
5 8,771 8,517 254 8,642
6 8,770 8,642 128 0
累計 52,625 50,000 2,625 0

 

今日お金を借りたいならアコムかプロミスがオススメ!

アコム

三菱UFJフィナンシャル・グループのアコムは、歴史が長くいわば「老舗」とも言える消費者金融です。「はじめてのアコム」キャッチコピーが示す通り初めてお金を借りる方が安心して利用できる人気カードローンです。初めてのご利用なら30日間無利息でお金が借りられます。

詳細はこちら≫

プロミス

SMBCグループのプロミスの『WEB完結』なら、借入れまでの一連の手続きを全てネット上で完結できます。審査スピードにも力を入れており、借入までにかかる時間も短いので急ぎでお金が必要な方によく利用されています。初回利用なら30日間無利息(※1)でお金が借りられます。

詳細はこちら≫

(※1)メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。